読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40歳からの自分探し

職なし、カネなし、自信なし・・・ナイナイづくしのアラフォー独女が書くことによって自分の人生を見つめ直すブログ

2次面接(備忘録)

過去に経験してきた面接は

 

履歴書をざっとなぞる形が多かったけれど

 

今回の面接官は

 

『君のキャリアの根幹をなしているのはここからここまでだね。

 

そこを中心になにをしてきたか教えてくれる?』

 

と対象を最初から絞ってきた。

 

 

さすが、エリートは無駄を嫌う。。。

 

 

 

そのパターンに対策してなかった。

 

 

 

すべからくいえることだけど

 

なにを聞かれるかわかってたら

 

事前にうまく準備できるのに・・・

 

 

 

いままでの経歴と、そのポジションに活かせることを

 

無理矢理でもいいからストーリーにして話すことが大事。

 

 

 

で、案の定表面的な説明をしてしまったわたし。

 

エピソードトークをいれないと!

 

 

 

 

 

そもそも英語が不自由なんだから

 

具体的な話をしないと相手にも伝わりにくいと思う。

 

これは、次回への反省。

 

 

 

 

 

せっかくなので、他にも聞かれたことをメモ。

 

1)この仕事のなにがチャレンジだと思うか(1次と同じ質問)

 

2)過去の転職理由

 

3)今までで1番すきだった仕事は?なにを学んだか?

 

4)経験のない、まったく新しい仕事に取り組むとき、どうするか。

 

5)他文化のひとと働くことをどう思うか。

 

6)少人数の会社をどう思うか。(ここをもっとしっかり答えるべきだった)

 

7)よいチームとはどんなものか。なにが必要か。

 

8)5年後にはどうなっていたいか。

 

 

 

うまくこたえられず、質問に質問で返してしまったときもあり

 

感触はよくわからなかった。

 

 

 

とにかく、ビッグボスを前に緊張してしまったのと

 

準備不足だったので、自分の顔が赤くなるのだけがわかった。

 

 

 

面接の後半、会社の組織について

 

丁寧に図を手書きして教えてくれたり

 

いつから働けるの?って聞かれたり

 

まったく可能性がない候補者にはこれだけ手間をかけないだろうって

 

いう空気もあったので

 

これは、もしかして脈アリなのかなとも思いかけたけれど。

 

 

 

 

最後、

 

『どうもありがとう。結果は追って知らせるね』

 

といわれたとき、

 

ここまでスピーディに進んできたのに、最後にこれはだめなパターンだ。と思って

 

面接おわってからすぐ、Feedbackをくれと言われていたコンサルタント

 

緊張してしまってうまくできなかった。でも仕事自体には興味がある。

 

あとは条件次第。とメールで連絡。

 

 

 

 

そうそう、忘れていたけれど、仕事の範疇が広いわりに

 

年棒もちょっと低めに設定されていたので

 

海外の夢を諦めるんだから、もう一声ほしいな、と思っていた。

 

いままでのお給料が高すぎたっていうのもある。


もちろん同じレベルまでは望まないけど、


せめて2/3くらいは欲しいな…





 

 

まあ、落ちたな・・・とおもい、採用されていいのか迷っていたとはいえ

 

やっぱり落ちると寂しいものだと思いながらトボトボと家に辿り着く頃。



 

エージェントから急遽、

 

もうひとり会ってほしいとクライアント(面接企業)か依頼があった。

 

オフィスに戻れるか?と連絡が入る。

 

 

 

 

最終面接じゃなかったの・・・?