読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40歳からの自分探し

職なし、カネなし、自信なし・・・ナイナイづくしのアラフォー独女が書くことによって自分の人生を見つめ直すブログ

会社を辞めたい部下と辞めさせない上司

 
わたしの話じゃなくて、あるセルフ式のカフェで
 
隣の席から聞こえてきてしまった話。
 
 
 
数日前、面接対策をするために
 
カフェで対策本とか(笑)久しぶりに読んでたら
 
隣の空き席に、上司(30代後半?男性)と
 
部下(20代?女性)らしきふたりが座ったの。
 
 
 
話聞くつもりなかったけど、声でかい…
 
 
 
体調不良を理由に辞めたい部下に対して
 
上司は、今辞められたら大変だからと
 
とにかく宥めようとしてる。
 
 
 
でもその宥め方が、、、
 
 
とりあえずの自己保身しか考えてないのが
 
赤の他人のわたしにもみえみえな感じで。
 
 
余計に部下は頑なになっていく。
 
 
 
 
『とにかくいまのプロジェクトが終わるまでは
 
一週間に数日でもいいから来て。なんでもフォローするし』
 
下手にでる上司。
 
 
でも月末で辞めたいの一点張りの部下。
 
 
お話は平行線。
 
 
そんなに辞めたいんだったら、
 
働きながら、転職活動したらいいじゃない。って
 
上司はなだめてるけど、
 
部下はとにかく辞めて就職活動に専念したいんです!って。
 
 
 
すると上司、一転して脅しにかかる。
 
『ていうかさあ、君これまでも転職してるでしょ?
 
そんなキャリアで次なんてみつからないよ?
 
しかも体調悪いなんて受かるわけないじゃん』
 
 
うわー、本性あらわした!
 
押し黙る部下。
 
 
結局、お話は結論がでず、
 
『あっ、オレこれから客先にいかないといけないから!
 
じゃ、適当にうまくやろうってことで!』
 
って席をたつ上司。
 
 
ええええええ、それでいいの?
 
 
と思わず本から目を上げると
 
なんと、珈琲一杯すら手に持ってない。
 
 
ここカフェですけど・・・・
 
なにも注文しないで、2時間近く、席に座ってたわけ???
 
『あっ、飲み物、買わなかったねー、ハハハ』と上司。
 
 
いや、そんなんだから部下が辞めていくんだよ・・・・
 
深刻な話を聞くのに、カフェというオープンなスペースを選んでしまい
 
しかも、飲み物さえ買ってあげないというのは
 
マネージメントとしてどうなんでしょう????
 
 
 
そんなときは、
 
まず、なんでも好きな飲み物を買ってあげて空気をほぐしてから
 
お話することをオススメします!